kali linux のアップグレード作業

Kalilinux

今回はkali linuxで継続的に行うアップグレードのメンテナンスについて

kali linuxはローリングアップデートという仕組みで日々更新され続けています。

なので、まめな更新作業が必要です

A 習慣的に行う作業3つ

日常的なメンテのコマンド
  1. sudo apt update
  2. sudo apt upgrade
  3. sudo apt autoremove

ターミナルから上記3行を順に入力して作業します

コマンドを簡単に説明すると、

最初のsudoは、一般ユーザーが管理者に成り代わって行うという宣言

次のaptはソフトウェア同士の依存関係を考慮に入れた統合パッケージ管理コマンド

3フレーズ目のupdate は既存のソフトウェアのうちアップデートできるものを探してくる作業

 upgradeはそれを実行する作業

 autoremoveは、不要になったパッケージの削除

この3作業を定期的に(例えば毎日とか毎週とか)行います。

B 時々行う作業2つ

時々行うメンテのコマンド
  1. sudo apt update
  2. sudo apt install -y kali-linux-large
  3. sudo apt full-upgrade -y

2のkali-linux-largeは拡張パッケージです。これをインストールします

3は、年4回のディストリビューション更新時のアップグレード

どのくらいの間隔でメンテすればいいの?

特におすすめの間隔というのはないようですが、kali自体はほぼ毎日更新されているようです

私はターミナルに慣れる意味で頻繁に更新しています

kali linuxは年4回ディストリビューション更新を行なっていますので、3ヶ月経つと次の更新が来てバージョン番号が上がります

kali linuxのバージョンを知る方法

cat /etc/os-release でosのバージョン情報を見ることができます

os確認

VERSION= ” 2023.1 ” となっており、2023年の4回のメジャーアップデートバージョンのうちの1回目(冬版:概ね2月頃)となっています

又は、下記コマンドで ” VERSION ” の行を抜き出して表示させます。

grep VERSION /etc/os-release

2023.2が春版(概ね5月)、2023.3が夏版(概ね8月)、2023.4(概ね11月)が秋版となります。

まとめ

kali linuxのアップデートの方法と、バージョンの確認の仕方でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました